自得寺のご案内

自得寺のご案内
自得寺について
萬壽山 自得寺は、天明年間に開基を毛利家5代藩主毛利重就に、開山を大愚衍操和尚として東光寺の末寺として建立されました。

大愚和尚は後に東光寺第15代住職となり、大雄宝殿の大修理や三門の建設などを行い東光寺の最盛期を迎えた名僧と言われています。

本堂内には本尊である釈迦牟尼仏を中心に脇仏として阿南・迦葉像が安置されています。
自得寺について
日限地蔵について
日限地蔵は「日を限って祈願すると願いが叶えられる」といわれる地蔵菩薩で日本各地に存在します。
霊験あらたかで願い事がかなえられるということで、自得寺檀信徒だけでなく多くの方々がお参りされています。
毎年7月下旬に行われる地蔵盆法要においてのみ開帳されます。下村塾(しょうかそんじゅく)は、江戸時代後期の幕末に長州藩士の吉田松陰が講義した私塾です。長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)に、松陰の叔父である玉木文之進が天保13年(1842年)に設立し、松陰も学んでいます。
日限地蔵について
永代供養塔について
平成20年に建立されました。
お墓の無い方や、これから新しくお墓を作っても後々のお世話が難しい方々からの要望でつくられました。
永代供養塔について
寺院概要
【寺院名】萬壽山 自得寺
【住所】〒745-0046 山口県周南市権現町5-18

【電話番号】0834-21-8706
檀信徒募集中。寄付に頼らない寺院経営を目指しております。
不在時は東光寺までお願いします。茅葺き平屋建て、29坪の小さなもので、萩藩の中間水井武兵衛(のち伊藤直右衛門と改名)の居宅でしたが、安政元年(1854年)に博文の父林十蔵が一家をあげて伊藤家に入家し、ここに居住することになりました。国の史跡に指定されています。
寺院概要
Contact
TEL: 0838-26-1052
メールでのお問い合わせ